日付: 2021-02-20
サーボ用遊星減速機は、サイズ分野として115枠(約3kW以下)から分けます。115枠は中小サイズです、主な応用は自動化の分野に集中しており、正確な位置決めのは主な目的として、小バックラッシュ、低騒音に焦点を当てています。工作機械の分野では、142フレーム以上の中型?大型(5kW以上)が使用されています。

中型および大型の遊星減速機の応用では、バックラッシュ以外には剛性に対するの要求が高いです。その理由は、もし減速機の剛性が不十分で高トルクでねじれると、駆動中にバネのような減衰効果が生じ、被駆動部品(タレットやコラムなど)が前後に振動して、処理時間の遅延に加えて、加工精度やクラッシュなどの潜在的な問題を引き起こす可能性もあります。ただし、中型および大型の惑星の販売が比較的少なく、材料の準備時間が長く、コストが高く、在庫回転率が低いため、ほとんどの遊星減速機業界は人気のない製品であり、この分野向けに特別に開発されることはありません。そのために機械産業は遊星減速機を完全に導入することはできません。

Sesame motorには、専門の研究開発チームと柔軟な製造部門があり、客先のために業界が接触したくない難しい問題やアプリケーションを喜んで協力します。したがって、Sesame motorとその顧客との間の協力はほとんど調達ではなく研究開発から始まります。お客様との打ち合わせの中で、お客様が解決できないと感じた課題に取り組み、高精度?高剛性を兼ね備えた超高剛性?タフタイプ遊星減速機を開発し、非常に短時間で設計を完了しました。顧客認証に合格し、継続的に大量生産され、出荷されています。

超高剛性タフタイプ、主に超大型ガントリーや横型工作機械に使用され、高トルク?非常停止状態で減速機全体がねじれたり変形したりすることはなく、振動もありません。タレットは、どこに持って行っても時間が無駄にならない、すぐに加工できます、お客様の寸刻もむだにせずのニーズを満たせる。軍用品のような堅牢な設計、さまざまな過酷な高温および低温環境の課題に対応できることに加えて、サーボ遊星減速機の元の低バックラッシュ、低ノイズ、およびその他の特性も保持します。台湾で最も専門的な惑星メーカーであるSesame Motorは、ユーザーほしいの剛性と精度両方のニーズを同時に満たすことを可能にした、ジレンマはもうありません。

詳細な技術要件については、今すぐ世協の営業担当者にお問い合わせください
 
TOP