日付: 2021-03-05
遊星減速機は30年以上前から存在しています、この長い期間の中で、遊星減速機は欧米のハイエンド設備にしか登場せず、徐々にオートメーションの分野に参入し、近年は広く工具機、半導体、包装産業、医療および食品産業、航空宇宙...および他の分野の設備にも遊星減速機を使用されています。高、中、低出力のサーボモーターと遊星減速機を組み合わせはもう標準装備としてされています。遊星減速機の応用と利点は何ですか?この記事では、遊星減速機について詳しく説明します。


遊星減速機とは

右の写真に示すように、遊星減速機は、黄色の太陽歯車、青色の遊星歯車、緑色のリング歯車、および水色の遊星アームキャリアで構成されています。この歯車列では、リング歯車が固定されており、遊星歯車は太陽歯車の軸を中心に回転するだけでなく、それ自体も回転します。 この構造で作られた減速機は、遊星減速機と呼ばれます。


遊星減速機の利点

  • 高トルク密度、同じ体積で、他の減速機よりも高いトルクに耐えることができます。
  • コスト削減、遊星減速機を使用すると、設計者はより小さな出力のモーターを使用できます。出力が小さくなるため、全体的な構成コストを大幅に削減することは出来ます。
  • 高精度、最小値は1分ができます
  • 低騒音、最低55デシベル
  • 高効率、最大97%


遊星減速機はどんなタイプがありますか

  1. 長年の開発の後、遊星減速機は現在下記のタイプがあります:
  2. 平行軸タイプ、キー溝軸、光軸、スプライン軸およびその他の構成を提供でき、ベルトプーリー、ギア、スプロケットを取り付けることができます。
  3. フランジタイプ、ISO9409仕様に従って設計された、まざまなピニオンおよびプーリーと組み合わせることができます。高トルクを提供し、ラック、ピニオン トランスミッションでよく使用されます。
  4. 直交タイプ、サーボモータの出力を90°回転させることで、省スペース化と機器全体のコンパクト化を実現します。
  5. カスタマイズモデル、世協は強大と柔軟な研究開発および製造能力があります。 カタログに載っていない商品でも、お客様のご要望があれば制作に協力できます。


ニーズに応じて遊星減速機を選択します

遊星製品には多くの種類があり、各モデルには独自の用途があります。良い商品を買うのは難しいことではありませんが、「適合」商品を選ぶのは簡単ではありません。以下の手順で、お客様に合った製品をお選びいただけます。
  1. 機種

    現在の使用条件に応じて、ハイエンド、ミドルエンド、ローエンドまたは特別な製品が必要であると判断されます。
  2. 枠サイズ

    枠番号は減速機のサイズであり。 設計者の計算に従って、カタログを比較して、該当する枠番号を見つけます。
  3. 減速比

    減速比は、必要な速度とトルクに関連し、設計者がこれら2つの条件を最適化する方法に関連しています。
  4. バックラッシュ

    バックラッシュは遊星製品にとって最も重要な条件であり、これもほとんど遊星選択の主な理由です。 最小のバックラッシュが最適の選択ではない場合があります。必要なバックラッシュは、応用の構成要素に基づいて評価する必要があります。
  5. その他の要因

    騒音要件、低温、食品および医療用途、耐食性、特殊寸法、超高剛性など、標準製品に記載されていない条件...

上記の手順で、製品をフィルタリングできます。
 
TOP